"THE AMERICAN ARTIST KNOWN AS PHASE 2"

HIP HOP culture started in the street of Bronx in the early 70`s. The four historic elements of Hip-Hop are composed from MCing, DJing, Graffiti, and B-boying.

American artist, Phase 2’s life was hip-hop culture itself.

Phase 2 is a very gifted artist and as the founder of Subway Art/Aerosol Art also call Graffiti Art, he is greatly admired by a lot of people.  He created several theories such as “Bubble letter,” “Style writing,” “Wild letter,” and “Arrow letter”. In the style department, he’s quite an innovator and we can see this with artists like Keith Haring and Jean-Michel Basquiat who were greatly influenced by his works. He was also commended on his work in the graffiti documentary film “Style Wars.” 

Phase 2 has also achieved a lot in the music industry. In 1982, he released his first single “The Roxy” from Celluloid Records. In that same year, he released another single titled “Beach Boy” from Tough City Records, after which he had a collaboration with Barry Michael Cooper.

He also made a lot of contributions to the break dance industry. He was the one who named the famous NY break dance crew “The New York City Breakers”. He was a member of the B-Boy crew “Electrified Movement” and he formed and invented words and dance style like "Battle" "Rocking" and "Up rock".  

He brought out a lot of amazing talents in the sphere of editorial. In the late 1970s, a lot of people were fascinated with the way he designed the flier for Hip Hop parties in New York, the designs were simply amazing! You will recall from Sotheby’s auction recently that the flier was 5 times higher than the estimated price.

In the 1980s, the multitalented Phase2 was called “a charisma of the street culture in New York City.”

Graffiti art started gaining recognition in the art industry as a real art form during the md-1980s. In order to raise the status of graffiti art, he went into action by using the situation, with this he made a call and got the name changed from “graffiti art (scribble art)” to Subway Art / Aerosol Art in the late 80s.

However, this movement was not supported by the media nor the graffiti artists. Unfortunately, he began to dislike the media who use the term “graffiti”.

From the 90s to 2000, He released lots of incredible artworks to the world. Only very serious buyers bought his work since he was restricted by the media. His artwork was also limited since his management was responsible for picking the buyers of his work.

His sculpture was displayed at Jacob K. Javits Convention Center in NY. He teamed up with street clothing brand Supreme to release a capsule collection.

He designed the cover of the American music magazine “Wax Poetics”.  It was an amazing collage artwork that had the industry in shock. He was so obsessed with figurine to the extent that he released a figurine series with Hon Kong based toy company Unbox Industries. He also did the DVD cover design for Japanese iconic HIP HOP group “NITRO MICROPHONE UNDERGROUND”.

In 2002, he did a group exhibition with Futura 2000 and Ramme Izee. It was a historic moment in the history of Hip Hop.

And he made many more artworks.

On the 12th of December 2019, Lonny Wood, also known as Phase 2 died of an illness called Lou Gehrig at the age of 64. He was an amazing Hip Hop artist who was good at what he did and he never for one day compromised his values.

 

EXPANSION NY clothing company is pleased to announce the release of tribute items in collaboration with Phase 2. Part of the sales will be donated to his family. We will be releasing T-shirts and Hoodies.

 

 

This design for the hoodie was originally released in 2008. And the T-shirts was designed by an artist called David Schmidlapp.

David Schmidlapp.

David is not only known as a photographer, but also an editor, a writer, filmmaker, performer, and an amazing artist from New York.

 Last year, a special exhibition for his work was held at the Museum of Modern Art (MOMA) in New York.

He had a very close relationship with Phase 2.

 

Forgive me!!! There may be many mistake, I wrote what I learned from him. 

Last but not least, I would like to thank Steve Brock. Thank you for introducing Phase 2. We did hit it off.

 

Kirk EXPANSION NY

 

 

フェーズ2 アメリカンアーティスト

 70年代初頭、ニューヨークはブロンクスのストリートで、ヒップホップ・カルチャーは産声を上げました。グラフィティ、MC(ラップ)、DJ、ブレイクダンスの4つが、ヒップホップの構成要素とされています。

今回取り上げるアメリカンアーティスト、フェーズ2の人生は、まさにヒップホップ・カルチャーそのものでした。

フェーズ2はマルチな才能を有し、とくにグラフィティ(エアロゾル・アート、サブウェイ・アートとも呼ぶ)のスタイルの創始者として現在でも崇拝されています。彼は、「バブル・レター」「スタイル・ライティング」「ワイルド・レタースタイルス」「アロー・レター」といった、数々のマナーやセオリーを生み出しました。スタイルイノベーターとして、キース・ヘーリングやジャン=ミシェル・バスキアにも、多大な影響を与えています。グラフィティのドキュメンタリー映画『スタイル・ウォーズ』の中でも、賞賛すべき対象として扱われています。

フェーズ2は、音楽の分野でも優れた仕事を残しています。1982年には、セルロイドレコード社から、1枚目のシングル『ザ・ロキシー』を発売。同年に続けて、タフ・シティレコード 社からシングル『ビーチ・ボーイ』をリリースし、バリーマイケル・クーパーとの見事なコラボを見せています。

ブレイクダンス界では、あの『ザ・ニューヨークシティ・ブレイカーズ』の名付け親としても有名です。『バトル』『ロッキング』『アップロック』など、ブレイクダンスに関する用語や、これまでにないスタイルを生み出した功労者でもあります。

 

エディトリアルの分野でも卓越した才能を開花させました。70年代後半、ニューヨークのヒップホップ・パーティーのチラシで見せたアートワークは、人々の目を奪いました。昨年のサザビーズオークションにて、そのチラシに見積価格の5倍もの高値がついたことは、記憶に新しいのではないでしょうか。

このように多才なフェーズ2でしたが、80年代を迎えるころには、「ニューヨークのストリート・カルチャー界のカリスマ」と呼ばれる存在となっていました。

 折しも80年代半ばには、アート・コレクターや美術系の人々が、グラフィティをアートとして認知し始めます。彼はこのような情勢を横目に、さらにグラフィティの地位を上げるべく行動を起こします。時は80年代後半、「グラフィティ(落書きアート)」と言う呼び名を、「エアロゾル・アート」へと変える運動を展開したのです。

しかし、メディアやグラフィティ・アーティストたちから、賛同を得ることはできませんでした。結果、彼自身、メディアを毛嫌いするようになります。とくに90年から2000年にかけて、「グラフィティ」の語を使うメディアへの露出はなくなっていきます。

その間もフェーズ2は、アート作品の発表をやめませんでした。彼の創作活動は世界中に及びましたが、依然としてメディアでの露出は、限られていました。一部の根強いアート・コレクターたちによって、購入されるにとどまっていました。

そのような状況にありながら、彼のエアロゾル彫刻が、ニューヨーク最大規模のジャヴィッツ・コンベンション・センターに展示されることになります。また時を同じくして、ニューヨークのストリートブランド、シュプリームと組み、カプセルコレクションを二度にわたって発表しています。ここからは、破竹の勢いでした。

雑誌『ワックス・ポエティックス』では、表紙のコラージュ作品を手掛け、出版界に衝撃を与えます。香港を拠点とするUNBOXからは、アートフィギュアをリリース。

日本では、伝説的ラップグループ、ニトロマイクロフォンアンダーグラウンドの DVDジャケットを制作するなど、多種多様な作品を生み出していったのです。

意欲的な創作への取り組みとは裏腹に、フェーズ2頑固な人物でもありました。仕事の相手だけではなく、購入する側であるアート・コレクターをも選り好みする性格でした。周囲から「彼のマネージメントには、苦労が絶えない」と評されていた所以は、ここにあります。とにかく、一筋縄ではいかないアーティストだったのです。

2002年、そんな彼が、フューチュラとラメルジーと組んで、ニューヨークで個展を開催することになります。「あのメディア嫌いの彼が…」と、アート界を驚かせたのは、言うまでもありません。

  20191212日、フェーズ2はこの世を去ります。死因は、ルー・ゲーリック病(ALS)とされました。自分の信念を曲げず、流行にも流されず、一直線に進み続けた本物のヒップホップアーティストとして、その名は語り継がれることでしょう。

 

***

さて、このたび弊社では、フェーズ2のトリビュートアイテムを発売いたします。売上の一部は、フェーズ2のご家族への寄付といたします。

 2008-H-TRIBUTE PHASE2 HOODIE

 こちらのデザインは、2008年にフェーズ2弊社のために創作したアートワークです。EXPANSIONと描かれています。

 2009-T-TRIBUTE PHASE2 TEE

アメリカンアーティスト、デビット・シュミッドラップのモンタージュ作品を、Tシャツにプリントしました。

デビットは、写真家、編集者、執筆者、フィルムメーカー、パフォーマーと、実にさまざまな顔を持っています。ニューヨークが誇る偉大なファインアーティストです。昨年には、ニューヨーク近代美術館 (MOMA) にて、彼の特別展が開催されました。フェーズ2と親交が深かったことでも知られています。

 

もしかして間違いがあるかも知れない。私は彼に教わった事を書いてみた。最後に、彼を紹介してくれたSteve Brockに感謝いたします。

← Older Post